スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思ったより忙しいバイト生活

バイト始めますた。

秋葉原電気街のとあるお店の店員をやっている。
自分の好きなデジものやPCに囲まれて仕事できるのは
結構楽しいのだが・・・。

しかし、これが思ったよりも忙しい。


バイトに慣れるまでは、コンおにの時間をあまりとれないと言ったが、
でも、5月の後半には、少しずつコンおにの時間を作っていき、
バイト→コンおにへと、収入源をシフトしたいと思っている。

じゃあ、5月後半はどうなっているべきか。
それをイメージして、今から生活習慣など作っていかないといけない。


まず、バイトの拘束時間が結構長いのが問題だ。

開店から閉店までいるので、拘束時間が11時~21時くらい。
通勤時間は1時間弱なので、10時にでて、22時に家に着く。
バイトの帰りにコンおに授業をしてくる、なんて芸当は、
ちょっとこのバイトでは無理そうだ・・・。

休みは月曜日と水曜日になった。コンおにの授業はここに入れるしかない。


週5の仕事なわけだが、GWなどはどーしても忙しく、週6状態になってしまう。
しかもなんか、お店は慢性的に忙しい。
コンおにのお客が順調についてきてくれそうなとき、
「じゃあ、バイトは週4にしてくれ、週3にしてくれ」みたいなことを、
どこまで交渉ができるのか、正直ちょっとわからん。
でも、「じゃあ辞めます」って言って、収入を(一時的に)ガクンと減らすのは怖い。

コンおにだけでも生活していけそうなメドが立てばいいんだが。
この忙しさだと、そのメドを立てるまで、ちょっと時間がかかってしまいそうだ・・・。


・・・とはいえ、愚痴を言っている場合ではない。やるしかないのだ。

空いている時間は朝。家を10時ちょい前に出ればバイトに間に合うので、
例えば7時とかに起きれば、2時間はパソコンに向かって作業ができる。
この時間に、パソコンで資料作成とか、いろいろできるはず。

または、休憩時間。途中1時間の休憩がもらえる。
俺のメールはWEBメールなので、ケータイだけでもメールチェックや、返信できる。
コンおにの顧客、コンおにの営業部隊の人、個人的な友人、などなど。

夜は10時に帰ってくるので、この後のPCタイム、これをコンおにに当てることも可能。
といっても、これはSkypeやメールなどでの打ち合わせが主で、自分の作業はあまり
できないかもしれない・・・。


そして、月曜と水曜、ここが休みなので、この休みをフル活用しないとならないだろう。
1日は、思いっきり休みたい><(でも、コンおにの授業が入れられれば入れる)
もう一日は、各種営業活動したり、授業したり・・・。
かなーりキツイがなんとかできなくはない・・・かな?


さて、半月後にその状態になるために、今すべきことは・・・。

お金節約する。お小遣い帳つけたり。なるべく自炊したり。
 貯金ができれば、バイト辞めるという選択肢も出てくるのだ。

食事・睡眠をキチンとする。
 やはり、しっかり生活リズムを固定させた方が、身体が疲れにくくなるはず。

バイトをしっかりやる。
 職場でポイントを稼ぎ、「しっかりした人だ」と評価を得られれば、
 「シフト減らしてくれ!」ってわがままを言う時、交渉が有利になるw
 また、今のうちにいろいろ覚えておけば、半月後はラクにバイトこなせるはず。
 そしたらコンおにする余力も残っているはずだ。

部屋の掃除、物の整理整頓を行う。
 この前実感したが、身の回りの物事を整理することは、そのまま心の整理になる。
 心がごちゃごちゃすると、つまらんことで時間を費やしていまいがちになるので、
 非常にもったいない。それを予防する。

 
よっしゃー!!
全部はできないかもしれないが、できるだけ頑張るぞ!!
全てはコンおに成功のために!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

うむー!
これは俺にも言えるな!!w

No title

ここに書いたことは、「生活習慣を正す」項目が多いけど、
(だからほとんど誰にでも当てはまる項目だと思います)
これ、意識しないとなかなか実行は難しいですよね。
実際に俺も、何度もやろうとして、何度も挫折してます。

ただ、どーしてもコンおには成功させたい。
すると、どーしても、バイトしながらコンおににも精力的に活動したい。
すると、今のうちに、生活の基本をレベルアップさせることが、どーしても必要になるんですな。


がんばるお(`・ω・´)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
参加ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。